子ども兵を探して (4)

   シエラレオネにNGO数あれど、実績と信頼性においてCOOPIは外せない。
 カントリー・コーディネーター のLamorte女史の話は、とても的を得ていて有意義だった。
 セント・マイケルズセンターは、NHKのETV2000『断ち切られた家族』やNHK出版『ようこそぼくらの学校へ』に登場する子ども兵士の社会更正施設。「藪の殺し屋」と呼ばれたムリアのいたところだ。母体は、FHM。

【COOPI】
話: Ms. Antonella Lamorte
・女性のための様々なワークショップと、暴力や迫害から女子を守る一時滞在施設”Center for Women”を運営。
・アンプティ・キャンプのリハビリセンターは、現在一般の障害者も対象としている(HANDICAP INTERNATIONALとコラボレート)。
・犯罪(DV、レイプなど)、および路上生活を送る若い女性たちの様々なケア。対象は、少女から25歳くらいまで。
・学校や家を訪問してモニタリング。
・およそ7,000人の子ども兵士たちが武装解除されたが、「まだ戻って来てほしくない」という地域は多い。
・元子ども兵士をサポートするNGOへの批判。
・地域にいても疎外感を感じている女子は多い。とても受動的で、何をされても仕方がないという感覚を持っている。
・体にある刺青やサインを消す少女たち・・・痕が残っている。
・RUFはもとは学生だった(?)。
・2004年は、40ケースのトレーシングが行われた。リベリア側からの問合せを受けたものもある。
・心理療法(社会心理療法)を病院で行なう(HANDICAP INTERNATIONALとコラボレート)。
・問題は、心理療法士のやり方が西洋的で、現地のコンテクスト、アフリカの価値観(1に地域社会、2に個人)に適合できないこと。
・”Single Bush Wife”と呼ばれる10代の少女多い・・・従軍して兵士の妻にさせられて子どもを生み、夫は戦争で死亡もしくは行方不明。
・2005年2月からリベリアでの活動本格化。
・人々は忘れたがっているが、アンプティの人たちは忘れられない。
・アンプティの人と元子ども兵士が同じ施設で暮らしていたケースも以前にはあった。

【ST. MICHEAL’S CENTER】
話: Mr. Berton Giuseppe
・5,6歳で誘拐されて兵士となった子どもは、幼い頃からタバコや麻薬をやっていたため、自分の故郷や家族のことを思い出せない。
・一般的に自分たちが使うストリートチルドレンというカテゴリーとは異なる、「チャイルド・オン・ザ・ストリート」-行き場を失った子どもたち。
・親が離婚。
・心理療法士が足りない。
・元子ども兵士というカテゴリーをはずして、困難な状況にいる子どもたち全般をカバーしている。
・人口の50%近くが子ども(?)・・・子どもに負担が大きい社会。
・”Danger”から”Difficulity”へ。失業、貧困の問題が浮き出てきた。
・シエラレオネ社会そのものがトラウマを抱えている “Society is traumatize itself.”。
・指導者がいない。誰もが行き先を見失っている “No sense of Direction.”。
・フリータウンのスラムには支援の必要な子どもたちが、およそ400人いると見られる。これらの子どもたちは戦争前にはいなかった子どもたち。
・現在、センターには40人の子どもが暮らしている。
・トレーシング(親探し)に決まったやり方はない。
・元兵士だった子らは、自分自身が歓迎されていないと感じることも多い。
・元兵士だった子らは、内面が子どものまま。大人になれない。危険からは逃れたが、何をすればいいのか、わからなくなったり、毎日の暮らし方を見出せない状態に陥る。
・親もとや故郷に帰っても、戻ってくる子どもは多い。
・2002年の4月で、元子ども兵士のトレーシングやリハビリプログラムは終了。
・継続している活動
1、小学校の建設 
2、里親探し 
3、養子縁組(Association Voluntary Service International (AVSI)による)
これまでに400-500人の子どもが国内外の養子になった。

●FAMILY HOMES MOVEMENT (FHM)
話: Mr. Harry A. Kpange (St. Michael’s Center)
Mr. Augustine Kapindi (St. Michael’s Center)
Mr. Paul Kamara (FHM Kissy town, Assistant Programme Manager)

・St. Michael’s Center の母体。
・グループホームの形態をとり、「家族」単位での暮らしを実現している。
・グループホームで暮らす子どものうち、親のいない子どもは40人。
・40人はケンカや諍いの起こらないように、それぞれ個別に離れて暮らしている。
・何か問題が起こったら、子どもは別のホームに引越しさせる。
・スタッフも同じ界隈に住んでいるので、ホームを訪問する形式のモニタリングは毎日行なっている。
・ほとんどの子どもは学校へ行っている。
・資金援助はイタリアのNGO “Association Voluntary Service International (AVSI)”。
・ひと家族(6‐8人)につき、一ヶ月100万レオン給付。
・Freetown 32箇所(Makeni 2、Lungi 2、Lunsal 2、Lakka 14、Bunbuna 15)。
・およそ3,000人の子どもたちは故郷や親もとに帰った。

子ども兵士を探して (3)

   シエラレオネでは今、ストリート・チルドレンが急増して社会問題化している。
 戦争後、武装解除の段階がひと通り終了した後、浮き彫りになってきた。
 子どもたちが路上生活をするに至った経緯はそれぞれだが、シエラレオネの経済的復興が遅々として進まない中で、激しい貧困問題とも大いにリンクしている。 
 こうした中で、今回は路上で暮らす子どもたちの中で、兵士をしていた子どもたちに焦点を当てる。身寄りがなくて家に帰れない、あるいは家族や地域から受け入れられないといった状況の中で、路上で暮らすようになった子どもたちを探す。
 ストリート・チルドレンに関する実態調査などはまだ行なわれておらず、データもない。支援活動を展開するNGOもわずかで、きちんとフィールド活動に取り組んでいるところは2,3の団体しかない。ユニセフを中心に、ようやくNGO間で情報交換や連絡会議を持つようになってきたというところ。
 その中で、「ドン・ボスコ」と「GOAL」は二大双璧であり、たいへん信頼のおけるNGOだ。彼らの持っている情報は、この国のストリート・チルドレンの実態を理解させてくれると思う。

[DON BOSCO]
話: Mr. Momoh Kargbo(ヘッド・ソーシャルワーカー)
・ストリートチルドレンをケアするイタリア系NGO。歴史は長く、1996年以来シエラレオネで活動する。ボーやケネマにもケアセンターあり。
・年長の少年や青年たちには、2年間の職業訓練が受けられる施設有り(Dworzark地区)。
・ケアセンターには、18歳未満の子どもたち65人が寝泊りする。日中だけ来る子どもたちは1日60-70人程度。
・センターでの活動内容は主に三つ-
①学校に行かない子どもたち対象に午前中授業を行なうNon Formal Educational Program。
②遊びやスポーツをコーディネート。サッカーやバスケットボール、ビデオ鑑賞など。
③子どもたちの家庭訪問
・子どもたち一人一人をインタビューして履歴ファイルを作っている。
・家庭訪問では、なぜ家出をしたか、確かめるが親は認めないケースが多い。
・基本的には、センターでは9ヶ月間子どもを預かり、その後は家庭に戻すようにしている。
・家に帰した子どもたちは再び問題を起こす危険性を判断してランク付けし、保護観察の目安に。
<危険度・高>親が共働きや子どもが家に一人にされる場合・・・毎週家庭訪問。
<危険度・中>家庭になんらかの問題がある場合・・・2週間に一回。
<危険度・低>問題なし・・・月に一回。
・元子ども兵士だった場合、周囲がどう扱っていいのかわからない場合もあるため、学校と家庭を訪問し、少なくとも30分は子どもたちの話し相手になる。
・ストリートチルドレンのうち、どの程度が元子ども兵士か、あるいは体にそのしるしがあるかは、調査項目にしていないためわからない(そうした調査は行われていない)が、感触として5-10%程度。

・視察-ストリートチルドレンの溜まり場スラム街夜間-
ソーシャルワーカーたちは夜中12時過ぎからスラム街のパトロールを始め、子どもたちを保護する。フリータウンのスラム街は海に面した港湾地区に広がる。たちこめるマリファナやハシシの臭い。ストリートチルドレンのほとんどが麻薬をやっている。
<ポイント>
・KIMGIMI MARKET (火・木・土)
・GOVERNMENT WARF
・GROUNDNOT MARKET (バスターミナル)
・KOLBOYA (ギニアへの船着場)
・SAMI ABACHA St. (市場)

スラムのコミュニティーの中に、Youth groupという青年団のようなものがあり、ソーシャルワーカーたちとネットワークしている。地域の美化活動やストリートチルドレンの寝泊りを監視指導したり、犯罪防止に一役かっている模様。
・MALAMAHTONIANS YOUTH ORGANIZATION

[GOAL]
話: Mr. Sullay B. Sesay (Program Manager)
・ストリートチルドレンのケア。
・ストリートチルドレンの中に元子ども兵士はいることは確かだが、正確な数はわからない。
・少年ギャング団があり、犯罪に関わっている。特に、麻薬がはびこる。
・様々な理由から家出した子どもたちがストリートで暮らす。
・元RUFの子ども兵士だった19歳の青年のケース・・・
戦争中に使っていた麻薬の中毒から今でも抜けられない。「人を殺したい」と思う。
・コミュニティは今でも彼らを受け入れていない。表面では受け入れようとするが、心の底ではまだ受け入れていない。
・RUFの若い兵士の多くはいまだにフリータウンにおり、犯罪に関わるケースがあとを絶たない。
・例えば、元子ども兵士たちは復帰施設などで職業訓練を修了すると仕事道具を受け取る。そして社会に出て行くが、仕事が見つけられないためにもらった仕事道具を売ってしまう。そうした就業環境の難しさが現実問題としてある。
・GOALでは、フリータウンとケネマにシェルターと職業訓練所を運営している。
・体に”RUF”などの刺青やサインを持っている少年はいる。また、それを自分で消した子どももいる。その痕は残っている。

子ども兵士を探して (2)

   ユニセフのシエラレオネ事務所の根本さんには本当にお世話になった。
 華奢な感じの男性だが、フィールドが好きと言う言葉通りに真っ黒になっていた。独自の調査に力をいれ、積極的に情報発信して行こうという姿勢がいい。彼のような人がいると、メディアと人道援助機関との効果的な協力関係が作りやすい。すなわち、質の高い現場近況が一般の人たちに届きやすくなるということだ。

 話を聞かせてもらったのは、チャイルド・プロテクション・オフィサーのドナルド・ロバートショウ氏。NGO出身のロバートショウ氏は、シエラレオネで子どもたちの状況をを10年見てきたベテランだ。
<取材メモ>
・性的虐待(Sexual Abuse)と、ストリートチルドレンの問題は、戦前までシエラレオネの人たちの意識の中にはなかった問題で、戦後に認識されるようになった。その数もケースも報告されていない。
・戦争中のレイプ行為が、現在の性的虐待の根っこ。また、戦争中の麻薬中毒が、多くのストリートチルドレンを生んだ。
・支援は国際NGOを通すとコストが高くつくし、受益者の数にも限りがある。一方、地元政府による事業だと廉価で、しかも全国に及ぶことができる。多少の汚職や横流しがあっても、戦後復興段階の今は地元政府に資金援助して彼らにやってもらう方が効果は高い。
・とはいえ、シエラレオネは政府予算の60%がIMFや世銀の資金援助から成るという現実。
・リベリアやアフガニスタンに比べると、シエラレオネの方が戦後の国の再統合(reintegration)は進んでいる。中央政府のプレゼンスが全国に及んでいて環境は良い。
・復興期間は10年ぐらい
・シエラレオネ社会は、ごく少数の政治エリート、少数の中流層、大多数の貧困層からなる。
・機会と資源はいっぱいあるので、政治分野の発展を進めていけば未来は明るい。
・ユニセフとNGOの調査では、ストリートチルドレンは全国5都市で3,000人と推定。
・麻薬乱用を防ぐ予防的支援プロジェクトは望まれる。
・いろんなカテゴリーの人たちに、“How are you affected by war?”と尋ねたとすると、”War”という言葉にはほとんどの人が「戦争は終わった」と答える。「戦争の前と今とあなたの暮らしで何が変わったか?直接の影響は何か?」と聞いてみたら、シエラレオネの戦争が何だったのか、それによって人々の暮らしがどう変わったかを知る手がかりになるのでは。
・少年犯罪急増(警察への確認必要だが、統計がないと思われる)
・特別法廷・・・2004年7月から、15歳以上で「重大な責任を負う人物」対象。
メディアセクション有り、審議の様子は撮影可能、訴追されている12人への取材はNG。
The Special Court for Sierra Leone  www.sc-sl.org

子ども兵士をさがして (1)

 東京、表参道。
 シエラレオネから戻って、ようやく時差ぼけも解消しつつある。
 今日から、今回取材したものを連載していこうと思った。
 子ども兵士について。人によっては、少年兵と言った方が耳に馴染みがあるかもしれない。
シエラレオネで初めて子ども兵士の問題にふれたのは2000年6月。その取材記録はNHKのETV特集『断ち切られた家族』という番組になった。反政府軍に手足を切られた人たちとの衝撃的な出会いにふるえ、「藪の殺し屋」と恐れられた一人の元子ども兵士の痛ましい体験に、どうしようもないやるせなさが残った。以来、子ども兵士の問題はいつも自分の視野の中にあった。
 今回は、NHKスペシャルのための取材の一貫となる。リサーチ作業自体は2004年11月から始まっていたが、現地取材は昨年12月と今年4月。12月は、今回ロケの下取材というかっこうになった。

<取材先リスト>
○在シエラレオネ日本総領事
Mr. Kishore Shankerdas
e-mail: kishore@shankerdas.com
Add: 82/88 Kissy Dockyard P. O. Box 369 Freetown, Sierra Leone
Tel: 226768
Fax: 229203
*非常に多忙の方、秘書に連絡しておけば問題なし。

○ユニセフ
Mr. Aboubacry Tall (Rep.)
Mr. Donald Robertshaw (Child Protection Officer)
e-mail: drobertshaw@unicef.org
Mr. Mioh Nemoto (Child Protection Field Officer)
e-mail: mnemoto@unicef.org
*ユニセフ関係者インタビューのアレンジ。NGOの情報を統括。
Add: Govt. Central Med. Stores Compound
Jomo Kenyatta Road P. O. Box 221, New England, Freetown
Tel: 022-226825 / 235739 / 241422
Fax: 022-235059

○元RUF兵士、カマジョー兵士など人探しおよび協力
Mr. Christian Lawrence
“CAMPAIGN FOR GOOD GOVERNANCE (CGG)”
e-mail: christianlawrence2000@yahoo.com
cgg@sierratel.sl
Add: 11A Old Railway Line, Tengbeh Town P. O. Box 1437, Freetown
Tel: 235623 / 235626
Fax: 235642

Ms. Zainab Hawa Bangura
“THE NATIONAL ACCOUNTABILITY GROUP (NAG)”
Add: (atDundas Street)

○元子ども兵士関連
–ストリートチルドレン–
NGO “GOAL”
Mr. Peter C. A. Middlemiss (Country Director)
e-mail: goal@sierratel.sl
Mr. Sullay B. Sesay (Program Manager)
e-mail: goalchildrensprog@sierratel.sl
*現場担当者、元子ども兵士の今の状況に非常に詳しい。取材協力、元子ども兵士探し
Add: 51 Siaka Stevens Street, Freetown

NGO “Don Bosco”
Fr. John Thompson
Ms. Joanna Balzano
Mr. Momoh Kargbo (Head social worker)
*現場責任者はヘッド・ソーシャルワーカー。取材協力、元子ども兵士探しOK
Add: 37 Fort Street, Freetown

–女子、戦争に巻き込まれた子ども一般–
NGO “COOPI”
Ms. Antonella Lamorte
e-mail: Freetown@coopi.org
Add: 59 Spur Road, Freetown
Tel: 022-233511 / 235274
*女子支援、リベリアで活動開始。戦争に巻き込まれた子どもの復帰支援、親探しなども行なう。

–アンプティおよび子ども支援–
NGO “HANDICAP INTERNATIONAL”
Ms. Cathy Berti
e-mail: Handicsl@sierratel.sl
Add: 43A Freetown Road, Lumley, Freetown
Tel: 022-230522
*手足を失くした人たちのリム作りとリハビリ。

施設 ”St. MICHAEL’S CENTER”
Mr. Berton Giuseppe
e-mail: bepiberton@katamail.com
XAVSL@sierratel.sl
Add:LakkaBeach

NGO “FAMILY HOMES MOVEMENT (FHM)”
Mr. Harry A. Kpange (St. Michael’s Center)
Mr. Augustine Kapindi (St. Michael’s Center)
Mr. Paul Kamara (FHM Kissy town, Assistant Programme Manager)
e-mail: fhm@katamail.com
*St. MICHAEL’S CENTERの母体。グループホームの運営。取材協力OK.
元子ども兵士ムリアとシャクーのその後を調査。

–元子ども兵士–
NGO “LIFE LINE DEVELOPMENT ORGANIZATION”
www.lifelinenetwork.org
Richard Cole (Rep.)
e-mail: aaq640@yahoo.co.uk
Mr. Emmanuel Freeman (Deputy)
e-mail: josebella2004@yahoo.com
Festus Davies (Director)
e-mail: festy1212@yahoo.com
*元子ども兵士を寄宿させてケアしているローカルNGO。取材協力OK.

–難民キャンプ–
NGO “PEACE WINDS JAPAN”
Ms. Miho Fukui
e-mail: miho_fukui@peace-winds.org
Add: 45D Lightfoot Boston Road, Off Wilkinson Road, Freetown (HQ)
Tel: 022-234501
*リベリア難民支援、地方でキャンプ運営

<取材許可関連>
・Ministry of Information
・Ministry of Development

From SIERRA LEONE

湿度ほとんど100%にピーカンの陽射し続き、本当に体も脳ミソもとろけてしまいそう。
ADSLのあるITNETカフェがありますが、ラップトップが使えないなど、メール環境が整っているとは言えない。
 また、国自体の電気などインフラ整備が間に合っていないため、いつ使えなくなっても不思議ではなさそうだ。石油も品薄。時差は日本からマイナス9時間。

 とはいえ、戦争の傷跡そのものは表面的には見えない。
 ビーチには人が溢れ、UNAMSIL関係者や特にビジネスマンの白人の姿にも普通に出会う。その家族なのか、中年女性の団体にも遭遇した。明らかなる観光客風情のグループまで。ブリュッセルから6時間半の快適なアクセスによって、一部で新たな観光スポットになりつつあるのかも知れない。
 リベリアもここも、海やビーチは美しいけれど、あまりに悲しい光景が想い出されて、自分には、喜んでいいのか、悲しんでいいのやら、複雑な感覚がある。
 ただひとつ思うのは、殺し合わない今という時が、人びとにとっては唯一価値あるものなのかも知れないということだ。
 また、シエラレオネは、貧しさが際立って見える。
 2000年の取材は戦争中だったし、前回12月も、子ども兵士に集中した短期リサーチだったので、深く認識はできなかったけれど、今回はよくわかる。
 ポスト・コンフリクトの後、武装解除も終わって、国際支援がひいて行った後に残される「もの」がはっきり示されています。

 原油価格の上昇や中東の不安定な情勢のせいでロシアや西アフリカ沖での石油開発が急ピッチで進められていると聞いた。まだ商業化できる段階ではないのかもしれないが、そうした富は、環境に恵まれ人脈のある人や要領の良い人だけが恩恵にあずかることができて、貧しい人たちの頭の上は素通りしていくのかと思うと、やりきれないものがある。

 戦禍がやみ、平穏さを取りもどすにつれて浮かび上がるどうしようもない貧困。
 富む人と、貧しさに再編入されていく人たちの格差は、それこそ天と地ほどのものがある。(似たような状況はアフガニスタンにもあるけれど、アフガンの方が「麻薬作ってでも生活せんとあかん」みたいなしたたかさもあって、復興気運を引き続き下支えしているように感じる。)

 国連への期待や支持は、しだいに失望や無関心へと変わっていく。また、国連の働きも人も官僚的なところが目につくようになって、それにメスが入れられることもない(→ジャーナリストの仕事か)。
 戦争を起こすのも人間、その手当てにあたるのもまた人間-人道援助の存在理由を考えるのに役立つ現実が、ここにはあると感じる。