3/4(火) シリア報告会『激戦地アレッポは今』ご案内

1月下旬、トルコから国境を越え、車を乗り継いでたどりついたアレッポの表情は、
1年前に訪れた所と同じ場所とは思えない程変わっていました。「激戦地」しかし、子どもたちには笑顔があふれ、先生方の献身と教育への熱意は、銃や砲弾よりも強い。
子どもたちは、どんな思いで日々を生きているのでしょうか?
私たちに求められていることは何か?ぜひご参加ください。

日時 : 2014年3月4日(火)14時00分~15時00分(開場:13時30分

会場 :    ユニセフハウス 1階ホール   (JR品川駅から徒歩約7分)

定員 120名 (無料)
日本ユニセフ協会広報室 Eメール(event@unicef.or.jp ) FAX (03-5789-2036)

9/8放送!緊急報道スペシャル!

9月8日(日)夜7時54分〜TV東京
「池上彰の緊急報道スペシャル 中東緊迫!アメリカは攻撃するのか?」
にて、最新情報をお伝えします!皆様ぜひ御覧ください!
後藤健二がスタジオ出演、シリア・ダマスカスの取材映像をお届けします!

http://www.tv-tokyo.co.jp/official/ikegami_20130908/

本日3/28夜「報道ステーション」でシリアレポート放送!

本日3/28夜「報道ステーション」(PM9:54~テレビ朝日)で、
シリアのレポートが放送されます。
民主化要求デモが内戦に発展して二年が過ぎました。一時は反政府軍の勢いばかりが伝えられていましたが・・・果たして今、どうなっているのか?最前線からのレポートです。
是非、御覧ください。

番組案内:『ガイアの夜明け』3/19夜~ソマリア、きれいな水を~編

2013年3月19日(火) 夜10時~ テレビ東京 『ガイアの夜明け』
「世界の子供を救う!ニッポンの水技術」


海賊問題や内戦のニュースが伝えられるソマリア。避難民キャンプの生活では、濁って汚れた水を使うしかありません。安全できれいな水を利用できないため、感染症や、ひどい下痢などの病気が蔓延。キャンプで暮らす子供の四人に一人は、5歳まで生きられないという悲劇があります。今回、後藤健二と撮影クルーが、ソマリアの避難民キャンプできれいな水を届けようと奮闘する日本の中小企業とその技術を独占密着取材しました。
ぜひ御覧下さい。


3/9講演お知らせ『戦争しか知らない子ども達』

世界各地の戦争や紛争の中で、たくましく生きている子ども達の姿・・・命の尊さ、生きる歓び、家族との絆の大切さ、国際社会と日本、そのなかに生きる子どもたちの現状と未来について考えてみませんか?

『戦争しか知らない子ども達』~ジャ-ナリストが見た戦場の今~後藤健二 講演
日時 : 2013年3月9日(土) 13:30~ (受付:13:00~)
場所 : 市原市市民会館 3階会議室

講演のお知らせ(PDFファイル)

申し込み先:
市原市役所 人権・国際課
〒290-8501 市原市国分寺台中央1-1-1
TEL :0436(23)9826、FAX:0436(23)7252、
Email : jinkenkokusai@city.ichihara.chiba.jp

参加御希望の方は、郵送・電話・FAX・メ-ルのいずれかで上記へお申し込みください。
皆様の御参加をお待ちしております。

【セキュリティ業務のご案内】

アルジェリア人質殺害事件は、いわゆる「ジャパニーズ・アドバンテージ(日本人は西欧人よりも敵視されにくい)」は通用しない時代となったことを示しました。
もう二度と同じ悲しみを繰り返したくはありません。
しかしながら、実体成果を求められる事業の場合「危険だから行かない」となってしまうと、事業体の利益はもとより我が国の経済そのものを左右します。

セキュリティ対策、検証などに関してお考えの方は、ぜひご一報ください。
講習会やイベントなどを行う準備もございますので、お気軽にご相談ください。

英国セキュリティ会社のTYR Solutions社(http://www.tyr-solutions.com/)と協力関係にある弊社では、NHKをはじめ民間放送局の番組制作チームのいわゆる”hostile area”における取材・撮影活動の安全管理と評価(コーディネーションおよび同行)を行っております。メディア取材クルーの同行が多いなか、その取材対象となられる方々は一般の民間企業で働く方々をはじめ、国家・地方公務員である場合がほとんどです。そのため、メディア関係にとどまらず、海外で業務にあたられるすべての組織・人を対象に業務を遂行しております。

なんとかして、海外でご活躍になられている方々やご家族の日々の安心と信頼のお役に立ちたいと思っております。

後藤健二

 

『シリアの今』講演会のお知らせ

内戦が続くシリア。戦闘を逃れ多くの人が家を追われ、戦闘地域に残る人たちは政府軍と反政府軍の戦いのはざまで寡黙で困難な生活を強いられています。なぜ、こうなってしまったのか?解決の道はあるのか?最前線で見たシリアの人たちの姿をお伝えします。

『報道最前線 シリアの今』 国際ジャ-ナリスト 後藤健二 講演

日時 : 2013年2月24日(日) 14:00~15:30
場所 : 千葉市文化センタ- 9階会議室

参加御希望の方は、2月15日(金)までに下記の千葉県ユニセフ協会へ
お申込みください。(定員60名、参加費無料)

千葉県ユニセフ協会
TEL:043(226)3171
FAX:043(226)3172
E-mail:fukuchan@unicef-chiba.jp
http://www.unicef-chiba.jp/

皆様の御参加をお待ちしております。

 

ソマリア沖海賊事件の裁判員裁判 始まる

本日(1月15日)、ニュース番組や紙面で御覧になった方も多いと思いますが、全国で初めてとなる海賊事件の裁判員裁判が東京地方裁判所で始まりました。
2011年3月、日本から遠く離れたアフリカのソマリア沖で、日本のタンカーが海賊に襲われた事件、今後どのように審理されてゆくのでしょうか?難しい裁判となりそうです。

15日の初公判で、起訴された自称ソマリア生まれの男2人は「争いません」などと述べ海賊行為を認めましたが、一方で、弁護士は「日本で裁く事件ではない」と主張しました。
言語の違いも困難の一つになっており、2人が使っている「ソマリ語」は日本語の通訳が見つからなかったため、英語を挟んでの通訳によって進められました。

また、2人は自分の生年月日について「分からない」、職業について「最初は羊飼いをして、そのあと漁民になった」などと話しました。今回の海賊事件の裁判をとおして、現地の生活や事情について何か垣間見ることができるのではないでしょうか?

この裁判に取材映像や情報を提供しているインデペンデント・プレス、先日もソマリア国内の避難民キャンプを取材してきたばかりです。裁判の行方が気になります。

1月3日 『池上彰の2013年を見に行く』

お正月の報道特別番組放送の御案内です。

2013年1月3日(木)夕方6時30分~夜8時54分 テレビ東京
『池上彰の2013年を見に行く
イスラムと中国 揺れる世界の問題の謎は歴史の中に隠されていた』


・池上彰が中国人から聞いた本音・驚いた話
・レバノンで見たイスラムの反米コールとは
・揺れる中東の現場 ヨルダンで会ったシリア人難民のおばさんの笑顔に
涙する大江アナ

インデペンデント・プレスは、取材・撮影に全面協力しています。
イスラム世界はどうなっているのか?
今、シリアはどうなっているのか?最前線取材映像もお届けします。
是非、御覧ください。

A Happy New Year 2013

A Happy New Year 2013 for you and your family.

今年は、世界を揺るがす出来事が山積しています。
日本という国は、その世界情勢の中でどんな役割と義務を担うことになるのか?
注目です。

後藤 健二


* INDEPENDENT PRESSを御覧いただいている皆様ありがとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。