『世界と日本、子どもたちは守られているか?』

日本小児心身医学会学術集会(テ-マ:子どもの心とからだの多様性を考える心身医療)にて、特別講演を行いました。
また、同集会のワ-クショップ「子どもの未来」は「国の未来」 にも参加させていただき、
小児心身医学関係の多くの皆様とともに、国際社会と日本、そのなかに生きる子どもたちの現状と未来について考えました。 

「国際社会のなかで一緒に歩調を合わせて生きていく-
これを意識して大人が環境を作っていかなければ、
子どもの権利を守ることは到底できないのです。」(後藤健二 講演より)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>