パリのイラク女性 (5)

ディーナは偽造パスポートを使った。
アンマンやバグダッドでは、サダム独裁政権下で欧米に亡命したいわゆる「亡命イラク人」たちがパスポートの売買を行っている。スウェーデンやデンマーク、ドイツ、英国などに亡命したイラク人たちの中には自分のパスポートを売る人たちがいて、それらが流通しているようだ。バグダッドにはパスポートの偽造業者がいる。その家族の中に亡命した者がいて、ストックホルム-アンマン-バグダッドを拠点に一族で亡命ビジネスを手がけているようだ。ヨルダン-イラク国境で偽造がばれて強制送還されたという話を聞いたこともあったが、めげるどころかビジネスは拡大しているというから、彼らのたくましさには恐れ入る。購入した人は、パスポートの写真を自分のものと張り替えて使う。ディーナは”HAMSA”という名前のパスポートを手に入れ、写真を張り替えてなりすました。価格は通常12,000ドルもするらしいが、現金大特価7,000ドル。6,000ドルを支払い、ストックホルムに着いて業者の仲間に残り1,000ドルを支払う予定だった。戦後の混乱もあって、多くのイラク人がこうした偽造パスポートを使って人道主義の強い北欧や欧州諸国へ流れているという。アンマンのスウェーデン領事館で滞在許可証まで取って、”HAMSA”は、何の問題もなく目的地スウェーデンのストックホルムに到着するはずだった。でも、”HAMZA”のパスポートを見たフランスの入国管理官は、写真が貼りかえられていることを見破ってしまった。

ディーナは、その時のメガネをかけた女性入国管理官の怪訝そうな表情を鮮明に覚えていると言う。「このパスポートは他の人の物ね」と言われて、何がなんだかわからなくなったという。ただ、アンマンに強制送還されたらそのままイラクへ帰国させられてしまう-そのことで頭はいっぱいだった。彼女は自分のパスポートが本物であると必死で言い張った。そして空港警察に連れて行かれた時、「空港でトラブルがあったらICRC(国際赤十字)に行け」という知人の言葉を思い出して、警官に言ってICRCの事務所へ連れて行ってもらった。空港内にある建物の一階が警察、二階がICRC、三階が不法入国者の一時滞在施設になっていた。入管では私は”HAMSA”と言い張ったディーナだったけれど、ICRCの職員にはすべてを打ち明けたという。自分の本名はディーナであること、脅迫を受けて逃げ出したこと、偽造パスポートを使ってここまで来た事情を話してICRCの職員に理解してもらった。彼女は不法入国者の一時滞在施設で4日間寝泊りすることになる。ファディがボクに伝えた電話番号はこの一時滞在施設のものだった。外部と連絡が取れるなんて、日本の施設とは大違いのフランスの寛大さ(?)に少し感心した。また、あの時のファディの”Kenji, Help Dina.”という声を思い出した。あの晩、事務所の国際電話の料金を払い忘れていてフランスに電話をかけられず、ジリジリしながら翌日まで待っていた。そして、教えてもらった電話番号に何回もかけた。たいていは誰も出ないし、誰かが応答しても英語が解せないという状況でイライラした。彼女からこうして話を聞くまでよくわからなかったが、電話口に出たのはディーナといっしょに施設にいた不法入国の人たちだったのだ。応答した人の中に、唯一少しだけ英語が解せる「マルワン」という名の男性がいた。ディーナが警察の事情聴取で留守にしている時、ボクは彼と話をした。彼の”Dina is OK.”という言葉にホッとしたのを憶えている。彼はパレスチナ出身だったが、その後どうなったのだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>